読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

茶屋道楽団

ひっそりと。

Cafe Edomons(カフェ えどもんず)

内房のイイ感じの喫茶店を探す旅も、いよいよここでラストとなりました。

締めは浜金谷駅から徒歩圏内にある『Cafe Edomons(カフェ えどもんず)』でございます。

 

実のところ内房の喫茶店を巡ることに決めたのは、こちらの喫茶店がぶらり途中下車の旅で紹介されているのを観て一目惚れしたのがきっかけだったりします。

これぞ隠れ家!ザ・秘境!的な雰囲気がもうたまらなく気に入ってしまい、絶対に足を運ぼうと機会を窺っておりました。

 

それではこのえどもんずがいかほどに情緒全開の素敵な喫茶店かということを、撮りためた写真と一緒に見ていきたいと思います。

 

まず期待に胸を躍らせながら軒先をくぐると、いきなりブルーマウンテンコーヒーの素敵な樽がお出迎え。いいですねぇ。

f:id:chayamichi3:20161205205403j:plain

 

 

ちなみにこのブルーマウンテンが積まれた右側には何があるかというと・・・

 

 

f:id:chayamichi3:20161205205933j:plain

 

まだ入り口の土間に佇んでいる段階なんですが、もうこの時点でテンション最高潮です。なんだここは。最高か。

 

土間を上がるとすぐにカウンターがあります。ここでコーヒーを注文するわけなんですが、まぁ後ろの器具たちの豪勢なこと。キラキラ輝いています。

f:id:chayamichi3:20161205210743j:plain

 

こちらではイチオシされたブルーマウンテンコーヒーとバウムクーヘンのセット(¥1,000-)を注文しました。

堂々と積まれた樽を見ればわかるとおり、ブルーマウンテンが名物なのは言わずもがなですが、実はバウムクーヘンも何かの金賞を受賞するぐらい自信のある一品なんだとか。

 

では次に、肝心の店内をじっくり見ていきましょう。

 

えどもんずは合掌造りの古民家をそのままカフェとして開いており、この古民家の1階でも2階でもとにかく好きなところで自由に座ってくつろいでね、というようなスタンスが取られています。

 

f:id:chayamichi3:20161205211911j:plain

大広間のテーブル席。奥の縁側にもテーブル席が何席か設けられており、僕が来た時にはここでマスターが新聞を読んでいました。最高かよ。

 

f:id:chayamichi3:20161205212309j:plain

 

f:id:chayamichi3:20161205212352j:plain

個室。黒電話やアコースティックギターなど、ダンディなマスターのこだわりの品々がそこかしこに配置されているのもポイントです。

ちなみにこの時はまだ9月の終わり頃だったので、扇風機やチーバくんの団扇が置かれていました。残念ながらもう片付けられているはずです。

 

f:id:chayamichi3:20161205212819j:plain

そしてこちらがブルーマウンテンコーヒーとバウムクーヘンのセット。バウムクーヘンの甘さとコーヒーの苦さが二人がかりでぶん殴ってくる感じ。つまりとてもおいしい!

 

 

f:id:chayamichi3:20161205213353j:plain

えどもんずの2階部分。大量の絵画が並べられています。

芸術的な感性が備わっている人ならば、これらの絵画を眺めながらコーヒーを味わうなんて知的レベルの高い楽しみ方もできるかと思います。僕はもちろん無理でした。

 

f:id:chayamichi3:20161205213943j:plain

 

 

ざっくりではありますが、以上がえどもんずの概観となります。少しでもこの雰囲気が伝われば幸いです。

それから、マスターが非常に気さくでいい人でした。写真も快く承諾していただき、帰り際には駐車場まで見送りにきてくれた上、「Facebookやってるからあとで友達申請しといてよ」と声をかけてくれました。ちなみにまだ申請はしていません。

 

とにかく実際に足を運んでみて、ぜひ生のえどもんずを感じてほしいと思います。まず間違いなく後悔はしないはず。

 

 

Cafe Edomons(カフェ えどもんず)

千葉県富津市金谷2185-2 合掌館

070-6478-7778

営業時間:昼頃~日没まで

http://edomons.net/

音楽と珈琲の店 岬

内房喫茶店巡り旅の2軒目はこちら、『音楽と珈琲の店 岬』

 

内房なぎさライン沿いにあるプレハブ風の情緒ある喫茶店です。こういう雰囲気大好き。

f:id:chayamichi3:20161203225026j:plain

 

喫茶店の向かいには内房の海が広がっており、天気のいい日にはきっと素晴らしい眺めなんだろうと思います。僕が行った日はご覧のとおりの荒れ模様でした。無念。

これからの季節、テラス席で厳しい海風に曝されながら温かいコーヒーを飲む、なんてのも乙かもしれません。僕は絶対に嫌です。

f:id:chayamichi3:20161203225854j:plain

 

こじんまりとした落ち着く店内。『音楽と珈琲の店』の名が示すとおり静かにJazzが流れており、センス溢れる雑貨類が並んでいるお洒落な空間。写真には写っていませんが、海側に面したカウンター席もあります。

f:id:chayamichi3:20161203230352j:plain

 

アイスティーと多肉植物とどんより空模様。珈琲のお店なのにアイスティーを頼んだこと、今になって後悔してます。

f:id:chayamichi3:20161203232619j:plain

 

 

店内には『虹の岬の喫茶店』という映画のポスターが貼られており、なんでもこの映画のロケ地となったのがこの喫茶店とのこと。吉永小百合阿部寛といった錚々たる面々がこの現場で撮影したのかと思うと、不思議とテンションも上がってきます。

 喫茶店周辺ががっつりロケ地となっていることもあり、映画の聖地観光で訪れる人も多いんだとか。

 

またお店の方から聞いた話ですが、この喫茶店から望む夕景は最高に綺麗らしいです。夕陽に照らされた水面がキラキラと輝く景色は一見の価値ありと。

映画を観た上で、天気のいい日にもう一度足を運びたいお店です。

 

音楽と珈琲の店 岬

千葉県安房鋸南町元名1

0439-69-2109

営業時間:今のところ、10:00~日没まで

定休日:今のところ、原則無休です

Cafe GROVE (カフェ グローブ)

先日、千葉の内房周辺の喫茶店を何軒か巡ってきましたのでこちらでご紹介。

 

まず最初に立ち寄ったのは、富津市内にある『Cafe GROVE(カフェ グローブ)』

こちらの喫茶店の住所をナビに入力しても、お店へ続く農道(?)がマップ上では認識されないため、文明の利器では辿り着くことのできないまさしく秘境的な喫茶店となっています。

 

喫茶店に続く農道の入り口に、うっかりすると見逃してしまいそうな看板が立っておりますので、それを目印に頑張って辿り着きましょう。

農道を入って行くといくつか分岐がありますが、分岐箇所には大体GROVEさんへの方向を示す看板が立っているので、恐らく迷わない…はず。

 

対向車とすれ違うのも厳しそうな細道を進んでいくと、鬱蒼と生い茂る森の中に『Cafe GROVE』はあります。

外観はいかにも森の中の隠れ家といった雰囲気。なんとなくムーミン谷を思い浮かべます。

f:id:chayamichi3:20161127142644j:plain

 

軒先には素敵な小物たちが。

f:id:chayamichi3:20161127145925j:plain

 

11時30分頃来店しましたが、店内にはすでに3組ほどのお客さんが。ちなみにこの日はとんでもない豪雨の日だったので、それを考慮すると普段はもっと混雑するのかもしれません。

 

店内は温もりのあるモダンな内装。ご家族で経営されているようで、それも相まって落ち着く家庭的な雰囲気です。

BOSEスピーカーから流れる小気味良い音楽と豊富に取り揃えられた雑誌類のおかげで、何時間でもいられそうです。

f:id:chayamichi3:20161127152011j:plain

 

ストロングコーヒーでほっと一息。うっかり写真を撮りそびれましたが、ベーコンとマッシュルームのキッシュも一緒にいただきました。

他にもマフィンやクッキー、ケーキなどのスイーツ類が豊富にあり、コーヒーのお供を選ぶのに非常に難儀しました。嬉しい悲鳴。

f:id:chayamichi3:20161127153633j:plain

 

林に面したテラス席も設けられているため、天気のいい日には大自然に囲まれながらコーヒーを飲む、なんていう最高のロケーションも。

辿り着くのには一苦労ですが、雑事から切り離された非日常を味わうための前準備と思って、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

Cafe GROVE

千葉県富津市亀田1237

0439-66-0936

営業時間:11:00~17:00

定休日:火曜日・水曜日 ※臨時休業あり

http://cafe-grove.tumblr.com/